株価のチャートと女性
株の説明をする男性
株の大暴落のイラスト

株式投資で成功するということは、お金を多く稼げた人になります。投資を行うことで、その企業を応援したい、株主優待をもらいたい、体験を通しての経済の勉強、というお金のみが目的ではない場合もありますが、それを他の人が見た場合、目的が達成していても成功とは思わないでしょう。いくら稼げたのか?その最終的な金額が大きいほど成功と言えます。ですから、現在生きている人は、みな途中経過ということになります。未来は、今よりもっとプラスになるかもしれませんし、マイナスになるかもしれません。誰でも成功者になる可能性があると言えます。今、多く稼げている人は成功者に近い人と言えますが、特徴として投資する方法や信念を持っているということが言えます。その信じるものに従って投資活動をしています。その中で多く言われるのが「景気の悪いときに買って、景気が良いときに売る」というものです。言葉だけ聞けば当たり前と思いますが、実行するのは難しいです。なぜなら、人は欲と恐怖という感情に支配されて判断を変えてしまうからです。どんどん株価が下がっているときは恐怖に支配され、どこまで下がるのだろうという不安で買う勇気はありませんし、保有していられません。逆に株価が上げっているときは欲に支配され、もっと上がるだろう、他の人に負けられないという思いで売れません。これらの欲と恐怖という感情をコントロールして冷静に判断ができるのは、方法や信念を持って、それに従っていれば間違いない、間違っていてもしかたないという割り切り方があるからではないでしょうか。経験の中で自分なりの方法や信念を持ち、問題があれば修正してその通り実行することが株式投資で成功する人の特徴と言えます。