株にトラブルはつきものと考えよう

株を購入する場合には、思いがけないトラブルに巻き込まれることが頻繁に起こってきます。株式市場は投資家の感情によって左右される面があり、リスク回避指向が高まると相場が大きく調整されることになります。この相場の調整は年間に3、4回は起こるとされています。そのため、3カ月程度に1回は相場の大きな調整が起こり得ます。また、相場の調整としては、15%程度の下落をすることが多いです。したがって、株に投資をする場合には、3カ月に1回は15%程度の調整があるものだと頭に置いておく必要があります。頻繁に相場の調整があると考えておくと、下落局面であわてることがなくなってきます。また、株式市場では4、5年に1回は何らかの経済的なショックによって、相場が大きく下落することが起こっています。近年ではアメリカの住宅バブル崩壊によってリーマンショックが起こり、世界的に株価が大幅調整することになりました。今後の株式市場でも世界のどこかの国のバブル崩壊などによって、相場が大きく崩れる可能性があります。したがって、投資をする場合には常に大きな経済ショックがある可能性を考えておくことが大事です。また、個別企業においても、様々なトラブルによって株価が調整することがあります。製造業などでは商品の回収や新製品の不振、工場の災害などが頻繁に起こり得ます。しかし、企業のトラブルでは一時的な要因で収まることなのか、長期的に業績の悪化に繋がるものなのかを見極めることが重要です。一時的な要因のトラブルであれば、大きな問題とはなりません。しかし、企業のブランド価値を下げたり、事業の継続性に問題が生じるトラブルの場合には、保有株の売却も選択肢となります。以上から投資ではトラブルはつきものと考え、あわてて売却をせずに臨機応変な態度が求められることになります。しかし自分だけの予想で不安なときはイーキャピタル等の投資顧問業者の手を借りると良いでしょう。イーキャピタルが配信している銘柄は信頼できる物が多く、非常に多くの結果を残しており人気の投資顧問業者です。